冬場のパン作り 発酵不足に悩むより冬だからこそいい感じに焼けるパンを焼こう!!

気温が低い冬のパン作りは大変!!

  • パン作りをする環境が台所だったら冬は特に冷え込んでパン生地も膨らまないので室内温度に気を配る
  • 粉やイースト、砂糖、塩など 材料も冷えるので パン作りを始める前から室温に戻しておく
  • パン用のケースも温めておく
  • 冷え性の人は手が冷たいからパンに触れる時手を温めておく
  • 発酵機がないのでビニールを使って発酵するけれどすぐに温度が下がるので何度もお湯を入れ替える
  • 冬のパン作りは失敗してしまうことが多いから 落ち込む

寒い時期に適しているパンを焼こう

  • 寒いから上手に焼けるパン
  • 気温にあまり影響のないパン
  • お料理パン
  • 冬だからこそ焼きたいパンを選ぶ工夫をしてパン作りを楽しもう

デニッシュ・クロワッサン

  • ロールインバターは 気温室温が低い環境ですることでバターを溶かすことなく生地に馴染ませることができる
  • 発酵温度も25度以下が最適なので 発酵温度を上げなくてもいい
  • 仕上げ発酵はじっくり時間をかけてから焼くのでデニッシュやクロワッサンの層が綺麗になる
  • 手も道具も冷えている方がクロワッサン作りに適している
  • 冬になったらデニッシュ・クロワッサンをたくさん焼いて練習しましょう
  • パイ生地をポロポロこぼしながらサクサク頬張って幸せ!!

グラタンピザ

  • ピザ生地は短時間で焼ける手軽なパン
  • 失敗もしにくい
  • 発酵に気を使うこともない
  • 美味しいホワイトソースのグラタンをかけて焼くだけで簡単に焼けるピザ
  • 寒い冬に食べたいピザです

カレーパン・ピロシキ

  • カレーパン ピロシキ など 油で揚げるパンは 仕上げ発酵は少し暖かいところで布を被せておいても大丈夫
  • 油の温度に注意すれば 揚げている間にふっくら膨らむ
  • 仕上げ発酵の時間短い
  • 具材を工夫して熱々を食べましょう

カルツオーネ

  • ピザ生地に具材とたっぷりのチーズを包んで焼くカルツオーネ
  • 発酵も短時間で住む
  • 焼いても油であげてもどちらでも美味しい
  • 季節を問わず熱々を食べたいパンですが 失敗しにくいパン生地なので冬に焼くのもおすすめ

寒いから 発酵不足に悩むより 逆に冬だから上手に焼けるパンを選んで楽しむのもあり!!

自宅パン教室お申し込み

料理教室・パン教室・飾り寿司のご予約はフォームよりご希望のご日時・時間・参加人数などをご記入ください。
ご予約頂いた場合には優先的にご案内させて頂きますので、是非こちらの予約フォームをご活用ください。